ROCCAT Arvo Compact Gaming Keyboard

ROCCAT Arvoテンキーレスのコンパクトキーボードで英語配列のが欲しかったけど国内では日本語配列版しか発売されなかったかな?海外だと英語配列版でも結構高価で$60とかするんだけど今になって欲しくなった、、まぁまだ入手可能なので安いとこ探してみるかな、、日本語版はキーキャップの文字がシール式でただでさえチープな出来なのにさらに見栄えが悪くなってる、、しかも所々日本語配列用ではないところが英語版の印字でシールとシルク印刷?のごちゃまぜ感がなおさら目につくんだよね、、個人的にはコンパクトサイズで変形配列だけどメンブレンにしてはタイトな打鍵感とかは気に入ってる、、
テンキーレスじゃなかったww

  • Compact Keyboard Layout with 97 Keys
  • 1000Hz polling rate
  • 197cm USB cable, cable diameter: 3mm
  • Compact design – creates optimum gamespace
  • Mode switch button for switching between Num Pad function and Gaming Mode

左上のmodeキーを押すことでテンキーをゲーム向きな配列に変更出来たりソフトウエアでマクロマリ付けできるスペースバー下の3つのボタンが特徴かな、、だだスペースバー下のボタンはなかなかプレイ時に操作するのは難しくてスペースバーとかと誤爆が多かったかなぁ?かなり硬めのボタンなのでちょっと触ったくらいでは反応しないところはいいんだけどね、、

arvo 01_compressed
パッケージ画像ではなんとなく高級感があるように見えるんだけどね、、撮影技術ってすごいなww

arvo 02_compressed
日本語配列のシール、、

arvo 03_compressed
パッケージまでは日本語化できなかった、、ソフトウエアもデフォルトでは英語で日本語選択はなかったような?

arvo 04_compressed
LEDは矢印キーとCapsLockと右上のGame modeキーのみでカラーはRoccatのイメージカラーの青

arvo 05_compressed
なかなか豪華な添付品、、インストールCDとかマニュアル、ユーザー登録用のシリアル入りカード

arvo 06_compressed
錘も入ってるようだし本体の作りも丁寧で剛性感も十分かな、、でもかな有りは、、なんかかっこわるいね、、

arvo 07_compressed
形状もRoccatらしく多角形、、

arvo 08_compressed
打鍵感はまぁメンブレンってすぐわかる感じかな、、日本語配列にするとどーしてもスペースバーが短くなる、、

arvo 09_compressed
エスケープキーとファンクションキーが独特の形状で省スペース化を狙ったのかな?

arvo 10_compressed
親指で操作する特殊キー、、位置的には問題なしで余裕で操作できるし形状も異なるので親指の感覚で判別操作できるね、、

arvo 11_compressed
モード切替で矢印キーとかを有効/無効にできる、、なれないとわかりずらいかな、、

arvo 12_compressed
モードスイッチオフ状態

arvo 13_compressed
オン状態、、LEDでモードの判別ができるのは便利だね、、

arvo 14_compressed
モードが切り替わるとLEDが滅灯します、、

arvo 15_compressed
ステップスカルプチャーではないのでチルトスタンドを立てないと打ちにくいかも、、

arvo 16_compressed
ケーブルは柔らかめで取り回しがいいけど悪く言えば安っぽいビニールタイプ、、USBプラグもメッキなし、、

arvo 17_compressed
特殊なキー部分はしっかり作られてるのでガタつきとかもなく確実に反応する、、

arvo 18_compressed
フラットな造形、、剛性も十分、、

arvo 19_compressed
滑り止めも簡易な物ではなくしっかりホールドしてくれる、、チルトスタンは先っぽにラバーコーティング処理がされてるので効果的かな、、

arvo 20_compressed
この辺も標準的な作りかな、、

arvo 21_compressed
チルトスタンドを下げると平面すぎて使いにくいかな、、

arvo 22_compressed
この辺がマイナスポイントだね、、「1」はシール式印字で「2」は英語版のシルク印字?おそらく「2」もシールにすると矢印のLED部分に被るからなのかな?

arvo 23_compressed
シールにもコーティングとか保護膜がないので多用するキーがすぐに汚れちゃう、、一度汚れるとエタノールとかでも落とせない、、

arvo 24_compressed
多少傾斜があるキーキャップだけど、、値段からしたらこの辺手の込んだ仕上げにして欲しかったかな、、

arvo 25_compressed
お馴染みの設定画面、、あまりいじるところはないかな、、

arvo 26_compressed
アップデートは2010年で止まってるかな、、

arvo 27_compressed
まぁいじるとすればスペースバー下のボタンくらいかな、、

PROS

  • テンキー付きでこのサイズ
  • 便利なモード切り替え式
  • 剛性、造形がしっかりしてる

CONS

  • キーキャップの印字処理がチープ
  • 印字が汚れやすい
  • パッケージ画像と現物の落差が、、
  • やや高価

 

広告

ROCCAT Arvo Compact Gaming Keyboard」への2件のフィードバック

  1. 懐かしい・・・以前使ったことあるキーボードですね。

    諸事情により売り払ってしまったのですが、変速配列という点を覗いては割りと使いやすいキーボードだったと思います。幅も普通のテンキーレス程度ですし、どうしてもテンキーが欲しい場合にいいと思います。

    一時期は日本版ですが、店頭展示特価2980円とかもありましたね。
    それくらいで手に入れられればかなりお買い得かも。
    私は5000円くらいで買ったような気が・・・。

    あと、この手のキーボードで割りとありますが、ドライバソフトがセキュリティでウイルスだと言われましたねぇ。インストールするときに一旦無効にしてやれば問題ないですが、当時は困惑した覚えがあるなぁ。

    いいね

    • 私は発売日に購入した記憶がありパッケージを開封した時のがっかり感を憶えてますww
      まぁ見た目はともかく慣れれば使いやすいキーボードですね、、その後のRoccatは筺体の
      大きなものやメカニカルでLEDの綺麗なものなど発売して今となっては貴重なコンパクト
      タイプのキーボードと言えるかもしれませんね、、海外でも価格が下がらないので購入を
      控えていましたが廃版にならないうちに英語配列版を入手したいですね。

      いいね

コメントは受け付けていません。