DHARMAPOINT DRM26TK

DHARMAPOINTは今現在どーなんだろう?なんかいろいろ経営母体とか変わったとかあったらしいけど、、HPはまだ存在してるけど、、販売、開発なんかは終了してるんだろーなぁ、、個人的にはメカニカルキーボードとかソフトウェアが使いやすかったのでわりと好きなメーカーなんだけどね、、

DRM26TKは過去のマウスだけどデッドストック品らしきものがあったので購入しておいた、「鉄鬼バージョン」ってパッケージに記載されてるけど昔ガメポで運営してたオンラインゲームだったかなぁ?記憶が曖昧だけど数回プレイしたような気もするんだけどね、、ついでなのでTACTICAL PAD「鉄鬼バージョン」も購入しておいたww

製品の位置づけは最下位のようで発売時の価格も2000円程度だったらしいね、なのでスペックも低いようだけどオムロン製のスイッチとかPTFEのソールとか使ってるのでゲームに使うには十分かもしれないね、、ソフトウェアはなくてプラグアンドプレイのマウスなのでsteelseriesKinzuなんか好きな人にはいいかもね、、本体重量はケーブル込みで110gとパッケージに記載されてるけど実際に使った感じかなり軽い軽快な動作って感じたかな、、
右クリック+センタークリック同時押しで一時的に1600cpiにすることもできるらしい、、
最大の特徴はマウス上部表面のコーティング処理かな?なんか渋い銀メッキ風で光の加減では鏡のような雰囲気、、なので当然指紋とかが目立つので気になる人はこまめに磨かないと落ち着かないかもねww、、サイドにはラバーグリップらしき処理がしてあるので一応滑り止めは問題ないかな、、
ちょっと気になったのはサイドボタンとかのクリック音でなんかキンキン響く様な気がする、、耳触りになるとは思わないけどね、、
表面のメッキ風処理のせいで音が反響でもするのかなぁ?それともサイドスイッチの特性なのかな?

  •    色: 「鉄鬼」バージョン
  • 本体サイズ(H×W×D) mm: W 60 × D 115 × H 39mm
  • ケーブル長:約 1.7m
  • 本体重量: 約110g(ケーブル含む)
  • スクロールボタン: 有り
  • インターフェイス: USB
  • 対応OS: Windows 7/Vista/XP 日本語版
  • 対応機種: DOS/Vパソコン
  • 仕様: 《光学式センサー仕様》トラッキング解像度:800cpi(右クリック+センタークリック長押しで1600cpiに切替え)、
  • 最大加速:30G、
  • 最大スピード:130ips
  • スリープモード:なし DCモード動作による常時稼動、《マウスフィート》PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)

dm26 01_compressed
低価格でもパッケージデザインとか作りに拘ってるね、、

dm26 02_compressed
最近は外国語版のマウスばっか購入してたので日本語記載のパッケージはなんか違和感が、、まぁ日本語で記載されてるのが一番便利なんだけど、、

dm26 03_compressed
マニュアルとか保証書、、DHARMAPOINTってマニュアル以外にも開発秘話的な小冊子みたいのがあって面白いよね、、確かメカニカルキーボードでもかなり長文な読み物があってユーザーサイドでは考えもしなかったような事とか書いてあってなかなか興味をそそられたなぁ、、こういうこだわりをもったメーカーにはいろいろ発売してもらいたいんだけどねぇ、、

dm26 04_compressed
同時購入したTACTICAL PAD、、まぁ中身はよくあるタイプのマウスパッドで下部に鉄鬼に出てくるメカのシルエットみたいのが並んでる、、

dm26 05_compressed
実はこれ鏡面仕上げ風なので撮影が難しい、、角度や光加減で画像が変化してしまう、、自分の姿まで映り込んじゃうので多少ぼかしてあるところもあります、、グリップ感はなかなかよくて小ぶりのマウスが好きな人にはいいかもね、、

dm26 06_compressed
鉄鬼のロゴもあるんだけどやはり光線加減で見えたり見えなかったり、、

dm26 07_compressed
鏡面風仕上げのコーティングのせいか安っぽさはないかな、、

dm26 08_compressed
ソールの滑りも良くてとくに交換とかも必要なくこのままで十分使える、、

dm26 09_compressed
ラバーコーティングではなくてラバーグリップって言うべきなのかな?親指で押さえる感触がなかなかイイ感じ、、

dm26 10_compressed
ケーブル断線防止構造にも抜かりはない、、ただケーブルは塩ビ系?癖がすごく強いので予め癖を取らないと使いづらいかも

dm26 11_compressed
確かソールも別売してたような?この形状なら汎用品も使えそうだね、、

dm26 12_compressed
個人的な感想ではサイドボタンがある分Kinzuよりはこっちの方がいいかなぁ、、

dm26 13_compressed
センサーとかはなんだろね?今度分解してみるかな、、最近低価格中華マウスも集め始めたので分解にも興味が出てきた、、
香港のショップだとセンサーとかスイッチ類が格安で入手できるのでいつかその辺のパーツを交換してカスタムマウスとかにしてみたいね、、香港でパーツ類購入すれば送料無料でも入手できるから便利だよ、、ただ納期までがあれだけどね、、国内と同じ感覚で購入すると色々問題出てくるからね、、

dm26 14_compressed
ケーブルは癖を取るのが難しいかも、、指で曲げたりして直そうとしてるんだけど、、なかなか癖がとれない、、

dm26 15_compressed
プラグ部分にメーカーロゴがあるのはいいよね、、

PROS

  • お手軽価格だった、、
  • 基本装備はそれなりにいい
  • 扱いやすい形状

CONS

  • ケーブルの癖が強い
  • 指紋等の汚れが目立つ
  • 環境によってはマウス表面の鏡面が邪魔になるかも?(照明等の照り返し)

 

 

広告

DHARMAPOINT DRM26TK」への2件のフィードバック

  1. 海外の謎(?)マウスの中にダーマのマウスを見かけましたゆえコメントさせていただきました。
    えーと、センサーですがKanaとおなじPixArtのPAW3305DK-Hのようです。
    Hありなしは確かレンズの差異だったような。Kinzuよりは多少マシなのですかね。
    今になって、少し欲しいカモ・・・って感じなのですがさすがにもう入手困難ですねぇ・・・。

    いいね

    • コメントありがとうございます、紙湯さんをはじめrafaさんskさんたちの
      工学的見識は参考になります、私もいずれはセンサー等についての会話が楽しめるようにとコツコツと勉強中です。
      DRM26TKについてはAmazonJPでも若干在庫あるようなので調べてみてください(マーケットプレイスですが)参考までに。

      いいね

コメントは受け付けていません。