XinMeng XM-M390 曼巴蛇II

XinMeng(新盟)XM-M390 曼巴蛇IIは中華メーカー、中華メイドの低価格マウスで15ドル程度、、中華製はいろんなメーカーがあるらしくて殆ど把握してないんだけどどれもこれも似たようなスペックとデザインが多いんだけどこのXinMengというメーカーは割とオリジナリティーがありそうでそこそこ品質に自信があるのか公式HPとかで分解画像なんかを公開してた、、スイッチはHUANO製だったかな、、ボタンは全部で6個、DPIは800、1200、2000の3種類切り替えでソフトウエアとかは無し、ケースにはスイッチ寿命800万回、LED照明寿命6万時間なんて書いてある(中国語なので訳があってるかわからん)

製品名に中国語で「曼巴蛇II」とあるんだけど最新の「曼巴蛇III」とか無線版のもあるようだ、、日本語にすると「マンバ2」で蛇の名前らしい、、

表面の仕上げはサイドが梨地のプラ製で耐久力はなさそう、、梨地部分はすぐに削れてきてしまった、、上面はサラサラなラバーコーティングがされてるようで触り心地はいい!

値段が安いだけにサイドボタンとかスクロール部の作りは甘い感じかな、、
動作感もなんか違和感がある、、ゲーミングを謳ってるんだけど精密さに欠けるような気がしたのでテストツールで計測したらポーリングレートが125Hz固定だった、、他のゲーミングマウスでは殆ど1000Hzで使ってたのでこの辺が違和感の原因なのかもしれない、、

The Latest New Model: XM-M390
100% Brand New in Box
High Quality, Compact Design and Measurable Weight
Fashion Cool Mamba Style.
Ultra-precise Scroll Wheel
Ergonomic shape, special feel good
True 2000DPI Pro-Gmaing Sensor
New Version: High Resolution: 2000DPI
Adjustable resolution feature: 800/1200/2000DPI
Profect combination, positioning accuracy
Forward and backword side buttons
Resoulition adjustable in driverless-free drive
Switch Life: 8 million cycle
The use of up to 60000 hours
16-bit ultra-wide data path
8400FPS frames per second (6.8 megapixels per second)
Zero-acoustic Ultraslick™ Teflon feet
Special Edition for Gaming
Ergonomic Both-handed design
DPI Switch LED Light
Comes with breathing Blue Led Light
Buttons: 6 buttons with scroll wheel (Two Side-Buttons and One DPI Button)
Most suitable for Laptop user and PC user
Optical technology works on most surfaces
Intelligent connectivity. no need to code, plug & play
Built-weight iron, feel comfortable, mobile and stability
The USB cable length is up to about 1.6m
Compatible with Windows XP, Vista, Windows 7, ME,2000 and Mac OS…or latest
Weight: about 110g±5g
Size: 120 x 80 x 38mm

なにやらスペックの記載があったので貼っておく、、

m390 01
ケースはコンパクトで添付品も品質保証?が1枚付いてるだけ

m390 02
ケースが小さいのはいいね、、

m390 03
品質保証?と有害金属?とかの含有の有無が書かれてるようだ

m390 04
シンメトリーな形状で左にサイドボタン、、スクロールの下がDPI切り替え、蛇のロゴ?は常時点灯

m390 05
このロゴはわりと好き!一応蛇をモチーフにしてるんだろうなぁ

m390 06
スクロール部はラバーのようでゴツゴツと突起があるので使いやすそうに見えるけどスクロール動作はゆるい感じで遊びも多い、、ブラウジングにイラつくようなことはないけどちょっと軽すぎって感じかな
左右の淵は盛り上がってるので指を置いた時の安定感はなかなかいい

m390 07
左右のLEDは滑り止めの効果があるように見えるけど実際は装飾で滑り止めの効果は無い

m390 08
サイドボタンはいい具合な場所にあるので親指の負担は無い、「進む」「戻る」が割り付けてあるのでネットの閲覧にしか使えないかな、、

m390 09
中華製に多い奇抜なデザインではなく、シンプルな感じで形状的には気に入ってる

m390 10
ケーブルは中華製によくあるタイプでフニャフニャ、、ただUSBコネクター部分にロゴと社名が刻印されてるのは低価格なマウスにしては珍しいかな

m390 11
マウスを動かしたりするとDPI切り替えボタンが点滅する、、これはTaipanみたいで面白い

m390 12
ソールは材質不明、、だけど一応ゲーミング用って形状かな
*よく見たらZero-acoustic Ultraslick™ Teflon feetって記述があるからテフロン製らしいね

PROS

  • 価格の割にポーリングレート以外はそこそこ使えそう
  • 操作しやすいデザイン

CONS

  • ポーリングレートが125Hz固定
広告