MAD CATZ G.L.I.D.E.3

Mad Catzはアメリカのデバイスメーカーで Cyborg · Saitek · TRITTONとかのブランドでマウスやキーボード以外にもフライトコントローラー系のデバイスなんかで有名だね、、私がMad Catzの製品に興味を持ったのは数年前に発売されたR.A.T.7GamingMouseかな?まだ日本未発売で海外のサイトで初めて見たときものすごい所有欲にかられたのを憶えてる、、もしかしたらデバイス厨のきっかけはMad Catzなのかもしれないw

このメーカーの製品はなんでも他のメーカーの物とは一線を画すデザインがいいね!いかにもアメリカっぽいというか大げさな雰囲気があるのかな?普通奇抜なデバイスは大抵実用に耐えないものなんかが多い中Mad Catz製品、、とくにマウスは実用性も兼ねてるような気がする、、
まぁ個人的な意見だけどね。

で今回紹介するのはマウスパッドでG.L.I.D.E.3、、、布タイプの物です。
この何とも言えない、、悪趣味的な雰囲気さえある赤と銀の配色はインパクトがあるね、、
サイズ違いで3種類かな?紹介するのはこの中で最小サイズのなんだけど他のはXLサイズ 約40x30cm G.L.I.D.E.7/9 XXLサイズ 約50x40cm G.L.I.D.E.5なんてのがあるけどはっきり言ってこれもアメリカサイズでデカすぎるよ、、狭い日本の家庭空間では持て余すサイズだよね、、実際私の机でもはみ出してしまうのがわかってたので購入時には1番小さいの買うーって決めてた、、まぁその後机も新調したので今なら1番大きいサイズでも問題ないんだけどね、、

glide3 01
収納ケース、、例の爪のロゴ、、MonsterEnergyと被るww

glide3 02
このタイプのケースだとパッド使用時に巻癖がついててしばらくの間は端の方が浮いちゃうんだよね、、なので使用時にはあらかじめ逆にラバーの方を表にして逆巻にしてケースに寝かせておくと癖が取れるよ

glide3 03
G.L.I.D.E.3のサイズは30cm×22cmで厚みは4mm、、レーザーでも光学でもおkとのこと
Steamフレンドでこのデザイン「かっけー!」という人が数名いました、、何故か女性w

glide3 04
載せるならR.A.T.7GamingMouseといきたかったんだけど手元にありませんでした、、
かなり使い込んでるのでちょっと黄ばみが、、そのうち中性洗剤で洗おう、、
私なりの感想では、初動は素早いという感覚はなく精密?って感覚かな?表面にはマイクロファイバーナイロン使用とケースに記載されてる

glide3 05
表面はちょっと粗い感じ、、

glide3 06
ロゴとか爪のデザインは布に織り込まれてる?ので某メーカーのように剥げたりはしない

glide3 07
裏面のラバー、、しっかりグリップしてくれてるのでマウス操作中に動いたことはないかな
厚さも4mmなので手首が痛くならない、、私は肉厚の方が好きなので2mmとかのはあまり好きではない

glide3 08
使い込んでるので端の方はどーしても布地が型崩れしてくるね、、次回作ではステッチとか付けてくれないかな?

glide3 09
ケースの裏側に何やら他のパッドとの比較値が出てるけどトラッキングパフォーマンスがなんたら書いてある、、いつかCorsairのマウスパッドの性能を測るなんてツールがあったので持ってるマウスパッドの比較なんかしてみたいね

PROS

  • 目を引くデザイン
  • 思い通りのマウス操作(個人的に)
  • 比較的低価格

CONS

  • 色合いから汚れが目立ってしまう
  • サイズが大きめで(G.L.I.D.E.5とか7)それなりのスペースが必要
広告